MENU

AFC アジアカップ カタール 2023 LIVE中継/見逃し配信はこちら

AFCアジアカップ
目次

AFC アジアカップ カタール 2023試合結果とベストイレブン

AFC2023試合結果
  • 優勝:カタール
  • 準優勝:ヨルダン
  • ベスト4:韓国、イラン

ベストイレブン

ポジション名前国籍所属クラブ生年月日成績(得点/アシスト)
GKマシャアル・バルシャムカタールアル・サッド1998年2月14日7試合3失点
DFルーカス・メンデスカタールアル・ワクラ1990年7月3日6試合0得点0アシスト
DF冨安健洋日本アーセナル1998年11月5日4試合0得点0アシスト
DFエサン・ハダドヨルダンアル・ファイサリー1994年2月5日6試合0得点1アシスト
DFモハンメド・ワードカタールアル・サッド1999年9月18日6試合0得点1アシスト
MFムサ・アル・ターマリヨルダンモンペリエ1997年6月10日6試合3得点1アシスト
MFイ・ガンイン韓国パリ・サンジェルマン2001年2月19日6試合3得点1アシスト
MFアクラム・アフィーフカタールアル・サッド1996年11月18日7試合8得点3アシスト
FWソン・フンミン韓国トッテナム1992年7月8日6試合3得点0アシスト
FWヤザン・アル・ナイマトヨルダンアル・アハリ1999年6月4日7試合4得点2アシスト

2/3 日本VSイラン戦の試合結果

アジアカップ準々決勝で日本代表はイラン代表と対戦し、1-2で敗れました。試合はカタール・アルラヤンで行われ、FIFAランク17位の日本と21位のイランの間で、アジア1位と2位の直接対決という形で注目されました。日本はこの敗戦により、2大会ぶりに8強で姿を消しましたが、イランは22年W杯カタール大会以降の無敗記録を17に伸ばし、2大会連続の4強入りを果たしました。

試合の流れとして、日本は前半28分にMF守田英正のゴールで先制しましたが、後半10分にイランのMFムハンマド・モヘビに同点ゴールを許し、さらに終了間際にはPKを献上し、MFアリレザ・ジャハンバフシュに決勝ゴールを奪われました。この敗戦は、アジアカップで日本が先制した展開から逆転負けを喫するのは史上初の出来事でした。

森保一監督は試合後、「私自身が交代カードをうまく切れなかったのが敗因かなと思います」と述べ、自身の采配を反省しました。また、森保監督は「アジアカップは終わってしまったので、これからワールドカップに向けてアジア予選を勝ち抜く力をつけるということ。そして世界一という大きな目標に向かって一つ一つ頑張っていきたい」と前向きな姿勢を示しました。

この試合では、日本代表が性加害疑惑を報じられたMF伊東純也の急なチーム離脱に直面するなど、準備期間にも困難がありました。それでも、森保監督は前の試合から先発メンバー3人を入れ替え、新たな布陣で挑みましたが、最終的にはイランの強さに屈しました。

AFC アジアカップ カタール 2023 ノックアウトステージ
日本 VS バーレーン
試合開始:2024年1月31日(水)20時30分~
配信:DAZA独占中継 20時より配信開始

【最安値で視聴する】
DAZN公式サイト:月額3,700円→DMM×DAZNホーダイ:月額2,980円=720円もお得!
さらにDMM TVのコンテンツ17万本以上が見放題!

>>DMM×DAZNホーダイの公式サイトはコチラから

▼2月14日料金値上げ前までにお得な料金で申し込むなら今!

1/31 日本VSバーレーン戦の試合結果と次戦試合予想

  • 日本代表はAFCアジアカップカタール2023のラウンド16でバーレーン代表と対戦し、3-1で勝利を収めました。この勝利により、日本は9大会連続のベスト8進出を果たしました。試合では堂安律、久保建英、上田綺世が得点を挙げ、日本の攻撃陣が輝きを放ちました。しかし、GK鈴木彩艶のパフォーマンスには不安の声も上がっており、特に64分の失点シーンでは、彼のパンチングが中途半端であったと指摘されています。
  • 次戦の相手はイラン代表で、2月3日に準々決勝が行われます。イランはアジアの強豪であり、FIFAランキングでも日本に次ぐ21位に位置しています。過去の対戦成績は6勝6敗5分と互角ですが、直近3戦では日本が2勝1分と優勢です。特に2019年のアジアカップ準決勝では日本が3-0で快勝しています。
  • イラン戦に向けての予想として、日本は攻撃陣の活躍が鍵を握るでしょう。堂安、久保、上田の攻撃トリオは前回のバーレーン戦でその能力を証明しました。一方で、GKの安定性が課題となります。イランの攻撃力は高く、日本の守備陣は厳しい試合を強いられる可能性があります。日本が勝利するためには、攻撃の精度を高めつつ、守備の安定を図る必要があるでしょう。

AFCアジアカップ カタール 2023ノックアウトステージ

ラウンド16/結果

No.日本時間対戦結果
372024年1月28日 20:30オーストラリア vs インドネシア4-0
382024年1月29日 1:00タジキスタン vs UAE1-1 (PK:5-3)
392024年1月29日 20:30イラク vs ヨルダン2-3
402024年1月30日 1:00カタール vs パレスチナ2-1
412024年1月30日 20:30ウズベキスタン vs タイ2-1
422024年1月31日 1:00サウジアラビア vs 韓国1-1(PK:2-4)
432024年1月31日 20:30バーレーン vs 日本1-3
442024年2月1日 1:00イラン vs シリア1-1(PK:5-3)

準々決勝/結果

No.日本時間対戦結果
452024年2月2日 20:30タジキスタン vs ヨルダン0-1
462024年2月2日 0:30オーストラリア vs 韓国1-2
472024年2月3日 20:30イラン vs 日本2-1
482024年2月3日 0:30カタール vs ウズベキスタン1-1(PK:3-2)

準決勝/結果

No.日本時間対戦結果
492024年2月7日 0:00ヨルダン vs 韓国2-0
502024年2月8日 0:30イラン vs カタール2-3

決勝/結果

No.日本時間対戦結果
512024年2月11日 0:00ヨルダン vsカタール1-3

AFC アジアカップ カタール 2023予選リーグ

グループDの結果

順位1位2位3位4位
チーム名イラク日本インドネシアベトナム
勝点9630
3210
0000
0123
得点8834
失点4568
得失点+4+3-3-4
*2024年1月23日時点

第3節

2024年1月24日(水)20時30分~:日本  ー  インドネシア

2024年1月24日(水)20時30分~:イラク  ー  ベトナム

日本VSインドネシアの試合予想

日本代表の状況

第2節ではイラク代表に1-2で敗れるなど、若干の不安定さを見せています。特にディフェンスラインの問題が指摘されており、板倉滉と伊藤洋輝はイラク戦を振り返りチームの課題を共有しました。彼らはディフェンスのポジショニングやコンパクトさを改善する必要があると述べています。

三笘薫の欠場が濃厚であることも、チームにとっての大きな損失です。三笘は攻撃面での重要な選手であり、彼の不在は日本代表の攻撃力に影響を与える可能性があります。しかし、南野拓実の復帰はチームにとってプラスとなるでしょう。

インドネシア代表の状況

インドネシア代表は、主力DFのジョルディ・アマトが骨折しているものの、日本代表戦に向けて意気込んでいます。彼の状態はチームにとって重要な要素であり、彼がプレーできるかどうかが試合の鍵を握るかもしれません。

試合の展開予想

日本代表は、攻撃面でのクリエイティビティを発揮する必要があります。三笘の不在は痛手ですが、南野や他の攻撃陣がその穴を埋めることが期待されます。中盤のコントロールとディフェンスラインの改善が、日本の勝利の鍵となるでしょう。

インドネシア代表は、ディフェンスの安定性とカウンターアタックに注力する可能性が高いです。ジョルディ・アマトの状態にもよりますが、彼らは堅守速攻で日本代表を苦しめることができるかもしれません。

日本代表が中盤のコントロールと攻撃の多様性を発揮することで、インドネシア代表の堅守を崩す展開が予想されます。しかし、インドネシアもカウンターでの速攻を狙い、日本のディフェンスの隙を突くことで、予想外の結果をもたらす可能性もあります。全体的には、日本代表が優位に立つと予想されますが、サッカーの試合では何が起こるか予測が難しいため、両チームの戦略と選手のパフォーマンスが勝敗を左右するでしょう。

第2節

2024年1月19日20時30分~:イラク 2 ー 1 日本 

2024年1月19日23時30分~:ベトナム 0 ー 1 インドネシア

第1節

2024年1月14日20時30分~:日本 4 ー2 ベトナム 

2024年1月15日23時30分~:インドネシア 4 ー2 イラク

日本代表選手一覧

以下は、AFC アジアカップ カタール 2023 のグループステージにおける日本代表選手の一覧です。各選手の名前、生年月日、身長/体重、所属チームを記載しています。

名前生年月日身長/体重所属チーム
GK
前川 黛也1994.09.08191cm/86kgヴィッセル神戸
鈴木 彩艶2002.08.21190cm/98kgシントトロイデンVV (BEL)
野澤 大志ブランドン2002.12.25193cm/90kgFC東京
DF
谷口 彰悟1991.07.15183cm/75kgアルラヤンSC (QAT)
板倉 滉1997.01.27188cm/80kgボルシアMG (GER)
渡辺 剛1997.02.05184cm/76kgKAAヘント (BEL)
中山 雄太1997.02.16181cm/76kgハダースフィールド・タウンFC (ENG)
町田 浩樹1997.08.25190cm/84kgユニオン・サンジロワーズ (BEL)
毎熊 晟矢1997.10.16179cm/69kgセレッソ大阪
冨安 健洋1998.11.05187cm/84kgアーセナル (ENG)
伊藤 洋輝1999.05.12188cm/84kgVfBシュツットガルト (GER)
菅原 由勢2000.06.28179cm/69kgAZアルクマール (NED)
MF/FW
遠藤 航1993.02.09178cm/76kgリバプールFC (ENG)
伊東 純也1993.03.09176cm/66kgスタッド・ランス (FRA)
浅野 拓磨1994.11.10173cm/71kgVfLボーフム (GER)
南野 拓実1995.01.16174cm/68kgASモナコ (FRA)
守田 英正1995.05.10177cm/74kgスポルティングCP (POR)
三笘 薫1997.05.20178cm/73kgブライトン・アンド・ホーヴ・アルビオンFC (ENG)
前田 大然1997.10.20173cm/67kgセルティック (SCO)
旗手 怜央1997.11.21171cm/70kgセルティック (SCO)
堂安 律1998.06.16172cm/70kgSCフライブルク (GER)
上田 綺世1998.08.28182cm/76kgフェイエノールト (NED)
中村 敬斗2000.07.28180cm/73kgスタッド・ランス (FRA)
佐野 海舟2000.12.30176cm/67kg鹿島アントラーズ
久保 建英2001.06.04173cm/64kgレアル・ソシエダ (ESP)
細谷 真大2001.09.07177cm/69kg柏レイソル

※2024年1月4日現在のデータです。

▼2月14日料金値上げ前までにお得な料金で申し込むなら今!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次