横浜DeNAベイスターズ|試合放送の生中継をスマホで見る方法

横浜DeNAベイスターズの試合中継LIVE配信
目次

【5月】横浜DeNAベイスターズの試合日程

日付/開始時間対戦カード/球場放送
5/1(水)/18:00中日 – DeNA/バンテリンドーム
5/3(金)/14:00広島 – DeNA/マツダスタジアム
5/4(土)/13:30広島 – DeNA/マツダスタジアム
5/5(日)/13:30広島 – DeNA/マツダスタジアム
5/6(月)/18:00DeNA – ヤクルト/横浜・tvk(地上波)
TBSチャンネル2(CS)
ニコニコプロ野球チャンネル(配信)
DAZN
J SPORTSオンデマンド
・U-NEXT(配信)
5/8(水)/18:00DeNA – ヤクルト/横浜・tvk(地上波)
TBSチャンネル2(CS)
ニコニコプロ野球チャンネル(配信)
DAZN
J SPORTSオンデマンド
・U-NEXT(配信)
5/10(金)/18:00DeNA – 阪神/横浜TBSチャンネル2(CS)
5/11(土)/14:00DeNA – 阪神/横浜TBSチャンネル2(CS)
5/12(日)/14:00DeNA – 阪神/横浜TBSチャンネル2(CS)
5/14(火)/18:00巨人 – DeNA/富山日テレジータス(CS)
5/15(水)/18:00巨人 – DeNA/福井日テレジータス(CS)
5/17(金)/18:00DeNA – 中日/横浜
5/18(土)/14:00DeNA – 中日/横浜
5/19(日)/14:00DeNA – 中日/横浜
5/21(火)/18:00ヤクルト – DeNA/神宮
5/22(水)/18:00ヤクルト – DeNA/神宮
5/23(木)/18:00ヤクルト – DeNA/神宮
5/24(金)/18:00DeNA – 広島/横浜
5/25(土)/14:00DeNA – 広島/横浜
5/26(日)/14:00DeNA – 広島/横浜
5/28(火)/18:00DeNA – 楽天/横浜
5/29(水)/18:00DeNA – 楽天/横浜
5/30(木)/18:00DeNA – 楽天/横浜
5/31(金)/18:00日本ハム – DeNA/エスコンF

【5月の注目選手】
投手:東 克樹
ここまで6QSと抜群の安定感を見せる先発の柱。昨年同様の活躍が期待できるスタートとなった。5月は東と大貫の2枚看板でチームの上位維持を支える。
野手:筒香 嘉智
MLBより復帰した元主砲は、逆転3ランホームランを放つ劇的な復帰戦を飾る。どこまで打力が復活しているか不透明の中、5月の活躍次第でチームの優勝への原動力となれるか!?

【4月の注目選手】
投手:森唯斗
ソフトバンクから移籍の森唯斗投手が、先発投手としてローテに定着できるか4月の出来次第!
野手:度会 隆輝
4月の注目というよりも今年の注目といえるドラ1新人度会。陽気なキャラと攻撃的な先頭バッターが魅力!

今永とバウアーが抜けた投手陣の穴を誰が埋めるか?ソフトバンクホークスから移籍の森唯斗や新外国人ジャクソンは未知数で、先発/東と抑え/山崎康晃は安定しているが投手力には不安を感じる。打線はルーキーの度会に注目が集まる中、牧・宮崎・佐野が好成績を残さないとチーム低迷は避けれれない。勢いに乗れば昨年同様の好順位も期待できるが、投手力の活躍次第か。

こんな理由で中継を見れない人におススメ!

オリックス・バッファローズの全試合を生中継で観たいと思うのはファンとしては当然のことですよね。でも、こんな事情で試合が観れない人が多いようです。

  • 帰宅途中で中継に間に合わない
  • 出張が多くて、出張先で中継がない
  • 試合中継のない地域に住んでいる
  • そもそもテレビを持っていない
  • 家族が嫌がるのでリビングで観れない

このような理由で試合を応援できない人が生中継を見る方法として利用しているのが「スポーツLIVE配信サービス」です。

「スポーツLIVE配信サービス」だと、DAZN(ダゾーン)とかアマゾンプライムとか聞いたことあるのではないでしょうか?有料サービスですけど、お金を払うだけの価値があります。

  • 公式戦だけでなくオープン戦/交流戦/クライマックスシリーズも試合見放題
  • 毎試合、試合終了まで視聴できる
  • 試合前の練習や特別企画の配信も楽しめる

LIVE配信はスマホでどこからでも視聴できるので「佐々木朗希が先発のロッテ戦は初回から観たい」や「ついに優勝決定の瞬間」などもリアルタイムで応援できます。もちろん見逃した場合も、見逃し配信を利用すればすぐにチェックできます。

ただ最初にちょっと迷うのは、LIVE配信サービスがいくつもあってどこがいいのか分かりにくいことです。

配信サービスごとに提供されるサービス内容や料金が違うので、下記に比較してみました。

その後で、あなたが観たい内容に応じてどの配信サービスを選ぶのがいいのかも紹介していきますね。

野球LIVE配信サービス比較

サービス名金額(税込)視聴コンテンツ
DAZN BASEBALL月々2,300円
年間27,600円
・春季キャンプ
・オープン戦
・公式戦&交流戦(カープ主催試合を除く)
・クライマックスシリーズ
・Buzz Replay
・オリジナルコンテンツ/ドキュメンタリー、他
DMM×DAZNホーダイ月額:3,480円・春季キャンプ
・オープン戦
・公式戦&交流戦(カープ主催試合を除く)
・クライマックスシリーズ
・Buzz Replay
・オリジナルコンテンツ/ドキュメンタリー、他
J SPORTSオンデマンド 野球パック
月額プラン:1,980円
U25割:990円
・中日ドラゴンズ
シーズン主催試合を中心にLIVE&見逃し配信
・広島東洋カープ
シーズン全主催試合をLIVE&見逃し配信
カープ道:広島ホームテレビのカープ学習番組
・横浜DeNAベイスターズ
シーズン全主催試合をLIVE&見逃し配信
・プロ野球春季キャンプ
ドラゴンズ、カープ、オリックス、楽天イーグルス
・侍ジャパン
・WBC
・社会人野球:全試合LIVE&見逃し配信
・アジアプロ野球チャンピオンシップ
。大学野球:全日本大学野球選手権大会-全試合LIVE&見逃し配信!
・高校野球
・ジュニア(NPBプロ野球12球団ジュニアトーナメント):全試合LIVE配信
・その他野球:NPB AWARDS 2023、ガンバレ日本プロ野球!?リターンズ
スカパー!プロ野球セット月額:4,483円(新規契約は初月無料)
30歳以下の方:
新規契約は初月無料
契約2か月目まで月額1,929円
3か月目以降は月額4,483円
セ・パ12球団公式戦を全試合生中継
クライマックスシリーズ、日本シリーズ
各球団のファンイベントも視聴可能

横浜DeNAベイスターズの試合をLIVE視聴したい場合は、これらの配信サービスから選ぶことになります。

ベイスターズの試合だけでいいのかプロ野球全球団の試合を観たいかによって、適している配信サービスが異なります。

それでは横浜DeNAベイスターズを応援できる配信サービスの特徴を紹介していきますね。

【用途別】どの配信サービスが最適なの?

コスト最重視で横浜DeNAベイスターズを応援したい方はこちら

横浜DeNAベイスターズj sporsオンデマンド野球パック

もっともコスパが良いのは「J SPORTSオンデマンド 野球パック」です。

視聴できるプロ野球球団は、「横浜DeNAベイスターズ、中日ドラゴンズ、広島東洋カープ」の3球団のレギュラーシーズン主催試合を視聴できます。

サービス名

サービス名:J SPORTSオンデマンド 野球パック

視聴可能コンテンツ

・横浜DeNAベイスターズ
シーズン全主催試合をLIVE&見逃し配信
・中日ドラゴンズ
シーズン主催試合を中心にLIVE&見逃し配信
中日ドラゴンズLIVE配信情報はこちら
・広島東洋カープ
シーズン全主催試合をLIVE&見逃し配信
カープ道:広島ホームテレビのカープ学習番組
・プロ野球春季キャンプ
中日ドラゴンズ、広島カープ、オリックスバッファローズ、楽天イーグルス
・侍ジャパン
・WBC
・社会人野球:全試合LIVE&見逃し配信
・アジアプロ野球チャンピオンシップ
・大学野球:全日本大学野球選手権大会-全試合LIVE&見逃し配信!
・高校野球
・ジュニア(NPBプロ野球12球団ジュニアトーナメント):全試合LIVE配信
・その他野球:NPB AWARDS 2023、ガンバレ日本プロ野球!?リターンズ

料金(税込み)

  • 月額会員プラン:1,980円
  • U25割:990円円

決済方法

  • クレジット決済(VISA,MasterCard,JCB,アメリカン・エキスプレス,ダイナースクラブ)
  • キャリア決済(au,ドコモ,ソフトバンク)
  • 楽天ペイ

視聴環境

  • 視聴デバイス:スマートフォン・タブレット・パソコン
  • 同時視聴:動画を再生できる端末は1台まで
良い点
悪い点
  • 横浜DeNAベイスターズ主催試合を完全視聴できて月1,980円とお手頃価格
  • 主催試合以外は視聴できない

プロ野球の全試合をみたいならコレ一択

スカパー!プロ野球セットアプリ

セ・パ12球団の全試合をLIVE&見逃し視聴したい場合は、「スカパー!プロ野球セット」の一択となります。

サービス名

サービス名:スカパー!プロ野球セット

料金

「スカパー!プロ野球セット」は、スカパー!でプロ野球が視聴できる複数のチャンネルをセットにしてお得な料金で提供するサービスです。

【スカパー!プロ野球セットの月額料金】
・月額:4,483円(新規契約は初月無料)
★30歳以下で新規契約の方は、下記のキャンペーン内容が適用となります。
・U30初めて割:初月無料&契約2か月目まで月額1,929円、3か月目以降は月額4,483円

ちなみにセットを構成しているチャンネルを単独で契約すると、下記のような金額になります。

チャンネル名コンテンツ内容月額料金
(税込)
基本料429円
J SPORTS1・2・3広島、中日、オリックス、楽天2,515円
スカイA阪神1,100円
GAORA SPORTS阪神、日ハム1,320円
日テレジータス巨人1,100円
スポーツライブ+ソフトバンク1,760円
TBSチャンネル2DeNA1,100円
テレ朝チャンネル2野球関連番組1,100円
フジテレビONE・TWOヤクルト、西武1,100円
日テレNEWS24ロッテ1,100円
合計金額12,624円

それぞれを個別に契約すると毎月12,624円が必要となりますが、プロ野球セットを利用すれば月額4.483円と毎月8,141円もお得な料金でプロ野球の全試合を視聴できます!

さらにセット構成チャンネルで放映される「スポーツ・ドラマ・アニメ・バラエティ」なども追加料金なしで視聴できます。

視聴可能コンテンツ

視聴コンテンツ:セ・パ全12球団公式戦、クライマックスシリーズ、日本シリーズ、フェニックスリーグ、ウィンターリーグ、その他練習試合、プロ野球ニュースなど関連番組も充実(*クライマックスシリーズ、日本シリーズの放送及びライブ配信は未定)

視聴デバイス

視聴デバイス:テレビ、スマホ、タブレット(フリーデバイスで3台同時視聴可能)

その他サービス

プロ野球セットアプリ:専用アプリで、下記のコンテンツが利用できます。

ワンタップライブ配信、放送予定、見逃し配信、週間先発予報、選手名鑑、通知機能

プロ野球セットアプリが便利で使える!

プロ野球セットアプリ:ワンタップライブ配信、放送予定、見逃し配信、週間先発予報、選手名鑑、通知機能、(*クライマックスシリーズ、日本シリーズの放送及びライブ配信は未定)

総評

「スカパー!プロ野球セット」はプロ野球LIVE配信サービスの中では、月額料金が4,483円とちょっとお高いと思うかもしれません。

ただ、セ・パ12球団の公式戦全試合を視聴できるのは、スカパー!プロ野球セットだけです。さらに野球以外の「スポーツ・ドラマ・アニメ・バラエティ」なども追加料金なしで視聴できます。

野球以外のスポーツも楽しみたい方はコチラ

DMM×DAZNホーダイ

横浜DeNAベイスターズの試合中継を楽しむのはもちろんのこと、配信サービスを利用するならばドラマや映画などのコンテンツも楽しみたい!という方には「DMM×DAZNホーダイ」がピッタリです。

プロ野球のLIVE配信サービスとしては「DAZN」が有名ですが、DAZNには下記の2つのプランがあります。

プラン名スタンダードBASEBALL
月額月額:4,200円
年間プランの月々払い:月額3,200円
年間一括払い:32,000円
2,300円
*年間プランの月々払いのみ
視聴コンテンツ
(プロ野球)
【プロ野球】
・春季キャンプ
・オープン戦
・公式戦
・交流戦
・クライマックスシリーズ
*全て広島東洋カープ主催試合を除く
【その他】
・見逃し配信
・ベストプレー集
・オリジナル番組(ジャイアンツ・ドキュメント他)
【プロ野球】
・春季キャンプ
・オープン戦
・公式戦
・交流戦
・クライマックスシリーズ
*全て広島東洋カープ主催試合を除く
【その他】
・見逃し配信
・ベストプレー集
・オリジナル番組(ジャイアンツ・ドキュメント他)
視聴コンテンツ
(その他)
サッカー
モータースポーツ
ゴルフ
女子サッカー
アメフト
バスケットボール
ボクシング
テニス
NFL Game Pass
ハンドボール
総合格闘技
レスリング
なし

DAZNスタンダードとBASEBALLの2つを比べると、野球だけをみるのだから「BASEBALL」のほうが料金も安いしお得だと思われがちです。

ただ、気を付けてほしいのは「DAZN BASEBALL」は年間契約のみということです。

■DAZN BASEBALLは年間契約プランのみ
「DAZN BASEBALL」は月額2,300円となっていますが、これは年間プランを12か月分割して支払う金額です。視聴できるコンテンツは「春季キャンプ」「オープン戦」「レギュラーシーズン」で、その視聴期間は2月から10月初旬までです。レギュラーシーズンが終了する10月中旬から翌年の1月までの約4か月間は、試合がなくても料金は支払い続けなければなりません。ベストプレー集やオリジナルコンテンツなどは提供される可能性がありますが、オフシーズン中はコスパ悪いですよね。シーズン終了と共に解約しようにも、年間契約なので1年分の支払いはしないといけません。

コスパを考えると「DAZN BASEBALL」よりも、一年中ほかのスポーツも楽しめる「DAZNスタンダード」がおすすめです。

でも、実はもっとコスパのいいプランがあります。

それが「DMM×DAZNホーダイ」です。

「DMM×DAZNホーダイ」はDMMプレミアム(DMM TV・DMMブックスなど)とDAZNスタンダードプランの両方を利用できる連携サービスです。

しかも料金は月額3,480円です。単体で「DAZNスタンダード(4,200円)」と契約するよりも、毎月720円もお得です。

料金は720円も安いのに、DAZNスタンダードと同じ視聴コンテンツに加えて、ドラマ・映画・アニメ(配信コンテンツ19万本以上)なども視聴できるDMM TV対象作品も見放題です。

DMM×DAZNホーダイで視聴できるコンテンツは下記になります。

サービス名DMM×DAZNホーダイ
月額3,480円
視聴コンテンツ
(プロ野球)
*DAZNスタンダード
【プロ野球】
・春季キャンプ
・オープン戦
・公式戦
・交流戦
・クライマックスシリーズ
*全て広島東洋カープ主催試合を除く
【その他】
・見逃し配信
・ベストプレー集
・オリジナル番組(ジャイアンツ・ドキュメント他)
視聴コンテンツ
(スポーツ)
*DAZNスタンダード
サッカー
モータースポーツ
ゴルフ
女子サッカー
アメフト
バスケットボール
ボクシング
テニス
NFL Game Pass
ハンドボール
総合格闘技
レスリング
視聴コンテンツ
(その他)
*DMMプレミアム
・アニメ
・バラエティ
・ドラマ
・映画
・2.5次元/舞台
・特撮
・ブックス
テレビ放送中の新作アニメから不朽の名作まで、19万本以上のコンテンツを配信中。ジャンルを問わず様々な作品を楽しめます。
新作映画のレンタルや舞台ライブ配信も充実!DMM TVオリジナルのバラエティ番組や、
漫画原作のドラマなど、ここでしか観られない作品も続々追加されています。
また、DMMブックスは無料対象作品は読み放題です。

中日ドラゴンズの公式戦を応援しつつ、これだけたくさんのコンテンツを視聴できて月額3,480円はコスパ最強です!

まとめ

横浜DeNAベイスターズの全試合を生中継で見るには、「スカパープロ野球セット」を利用するしかありません。

広島東洋カープ主催試合以外のプロ野球公式戦視聴でいいなら「DMM×DAZNホーダイ」がコスパ最強です。

地上波やBSなどのテレビ中継は、多くても年間で70試合~80試合程度です。最近では放送延長もしないので、試合終盤のいいところで中継終了ということも少なくありません。せっかくスタンドから「あと一人コール」が巻き起こっているのに中継終了なんて嫌ですよね。せっかく勝ち試合だったのに、結果だけあとでニュースをみてもテンション上がりませんよね。

全試合を確実に試合開始から試合終了まで見れる「LIVE配信サービスの利用」はお金を払う価値があります。だから多くの人が利用しているんです。

用途に応じてLIVE配信サービスを選びましょう。

  • J SPORTSオンデマンド:横浜DeNAベイスターズ/中日ドラゴンズ/広島東洋カープの試合視聴
  • スカパー野球セット:プロ野球の全試合を生中継で見たい方はこちら!
  • DAZN/DAZN BASEBALL:ベイスターズ以外のプロ野球(広島カープ除く)も見たい方はこちら!
  • DMM×DAZNホーダイ:野球やスポーツ以外にもドラマ/映画/アニメなども見たい方はこちら!←コスパ最強

これで横浜DeNAベイスターズの試合を見逃さずに済みます!一緒に立浪ドラゴンズの優勝を応援していきましょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次